ポスティング一括見積もりサイト「ポスティング.com」のダイレクトメディア比較ページです。

ポスティング.comトップバナー

ダイレクトメディア比較

ポスティングとは…

ポスティング

配布エリア 全国2600万世帯に配布可能。
日本ポスティング協同組合のネットワークを利用。
配布物の形態 チラシ・商品サンプル・無記名DM(封書)・あらゆる形態の物。
セグメント配布 1戸建・集合住宅・事業所等の住宅形態別セグメント配布可能。※1
配布コスト 地域によるが新聞折込よりコスト高。(A4の場合@4〜5円台が一般的)
配布期間 毎日の配布、時間指定は不可。基本週単位で配布が動いている。(東京23区・大阪市内などは毎日可
その他 新聞折込とダイレクトメールの良い点を取り入れることが出来るメディア。
コストも、媒体に広告を出稿するよりもリーズナブル。広告費をかけられない中小企業・商店等には最適。
効率のよい配布展開で、無駄なくチラシをお届けできるため、環境にもやさしい。

配達地域指定郵便物(タウンメール・タウンプラス)

配布エリア 全国全世帯に配布可能。
配布は郵便局員が郵便物とともにポストへ投函。
配布物の形態 長さ34p以内、幅25p以内、重量100g以内で、形状、重量および取り扱いが同一のもの。
チラシサイズでの取り扱いは不可。
セグメント配布 セグメント不可。
7桁の郵便番号のみ指定。
配布コスト 同一都道府県内10万通配布の場合@27円。(特定サイズは@18円)
配布期間 完全配布される日数は3日〜1週間。(地域により異なる。)
その他 年末年始には対応不可。※2
配布報告が出ない。
仕様が決めてられており、コストから都市部では割高感があるが、
ポスティングが対応できない過疎地や、離島等では重宝されている。

新聞折込

配布エリア 全国全ての区市町村で配布可能。
細部の地域指定配布は不可能。
配布物の形態 チラシのみ配布
封書ものは対応不可。
セグメント配布 折込エリアは新聞販売店毎の指定しか出来無い。
配布コスト 一般的には低コストで提供。(折込地区により異なる。)
配布期間 毎日可能(休刊日を除く)
朝の一定時間に配達。
その他 首都圏での新聞購読率67%※3
インターネット普及で、新聞購読離れが加速。
新聞よりチラシの量に差あり。
新聞販売店は読者数よりも多く、新聞を仕入れ。その部数も発行部数、読者数の一部に組み入れ。
残紙も目立つため、環境にもマイナス要素。(「押し紙」が社会問題化)

ダイレクトメール

配布エリア 日本全国に発送可能。
送り先の名簿取得に手間とコストが掛かる。
配布物の形態 ハガキ・封書は可能
郵便法の規定内で特殊形態は可能。
セグメント配布 データーさえ構築することによりあらゆるセグメントが可能。データー収集にコストが掛かる。
配布コスト 郵便料金によるので高いコストが掛かる。50gまで90円
配布期間 差出ご投函まで数日かかるが希望時期に届けることは可能。
その他 個人情報保護上、宛名リスト情報入手が困難に。
DMは発送しても、宛名不明・転居等で返送されるケースも多々あり。

※1組合員によりペット保有宅、老人家庭とか細かいセグメントが出来る地区もあり。
※2年賀タウンメールの取り扱いあり。
※3社団法人日本ABC協会調べ。

資料提供日本ポスティング協同組合

ポスティング.comへのお問い合わせはこちらから