ポスティングのメリット・注意点|ポスティング.com

トップバナー
トップバナー

ポスティングのメリット・注意点

メリットと注意点のイメージ
ポスティングという現状唯一のエリアマーケティングのメリットをご紹介します。

現状唯一のエリアマーケティングの手法

エリアマーケティングとは?地域(エリア)ごとの特性を把握・分析して、競合他社に負けない地域間での売れる仕組みを作る活動のことです。

ポスティングはエリアマーケティングというものに分類されており、現状唯一のエリアマーケティング手法になります。以前まではエリアマーケティングとして・ポスティング・新聞折込の2つがございました。ですがインターネットの普及などを理由に新聞購読率は減少していき(※1)、東京都に関しては3大新聞紙の朝刊は総世帯に対し約25~30%しか購読しておらず、エリアに対しカバー率(総世帯に対する配布可能な世帯の割合)が低いため、新聞折込ではエリアマーケティングの特性を発揮することが出来ません。

また新聞購読者は現在高齢化しているため(※2)ターゲット層が高齢層であれば新聞折込はターゲットに訴求が出来るためおススメですが若年層や中年層がターゲットであるなら新聞折込より世帯数の約70%~80%へチラシをお届けできるポスティングの強みが発揮されます。

※1:日本ABC協会「新聞発行社レポート 半期」「同 普及率」 2020年7月~12月平均 参照
※2:公益財団法人 新聞通信調査会 第13 回メディアに関する全国世論調査(2020年) 参照

ポスティングでターゲットに効率的に訴求

広告を出すとき、商材や訴求内容によって単身者や家族など対象とするターゲット層は違うかと思います。ポスティングではお店を中心にチラシを配るだけではなく、国勢調査のデータを基に町丁目毎の特性を算出し、ターゲットが多く住むエリアの選定が可能なポスティング業者もあります。

割合の高い町丁目を選ぶことによりターゲットに届く可能性を高くすることが出来るため、従来より高い反響率を獲得することが見込めます。問い合わせの際に国勢調査を使ったポスティングをしているのか聞いてみましょう。

期間・期日を選び配布が可能

ポスティングではキャンペーンを決めた日に向けて、配布期日を指定して配布が出来ます。例えば飲食店で新規オープンがあるとします。オープンをアピールして集客を図るチラシを配る際、オープン日の3日前を配布完了日にポスティングが可能です。

店舗の周辺を配布することでお店のオープンをアピールすることができるため「新しいお店が出来たんだ」と認知し立ち寄ってもらえるかもしれません。

チラシ以外も配布可能

ポスティングはポストに投函できるサイズでしたらノベルティなども投函が可能です。例えば水道業者が良く配布しているマグネットシートやポケットティッシュを良く目にする方も多いかもしれません。実用的なものは保管をされる確率が高くなるので、目につきやすくなりお店や会社の広告を覚えて頂けます。

配布方法でターゲットを絞り込み

ポスティングでは軒並み配布・集合住宅配布・戸建配布の3つの配布方法があります。配布方法を使い分けることによってターゲットに効率的に訴求ができます。

軒並み配布:幅広いターゲットに対しての広告
集合住宅配布:若い方や賃貸に住んでいる方がターゲット
戸建配布:不動産関連・リフォーム等のチラシに有効

必ず1回は見てもらえる広告

世の中には様々な広告がありますが、必ずしもすべての人に見てもらえるとは限りません。ですがポスティングですと、ポストからチラシと郵便物を取り出した後、仕分け作業の際に1回は手に持って頂けるため潜在顧客を従来の広告より多く得られる可能性が高くなります。

低コストで始められる

ポスティングはチラシを準備して納品して頂ければ宣伝が可能です。最近ではネット印刷の料金も安くなっており10,000枚印刷の場合20,000円を切る印刷会社もあります。多くの方に商材やサービスを知ってもらいたい、新しいお客様を開拓していきたいとお考えの方がいらっしゃいましたら低コストで反響率を得ることが出来るポスティングは、費用対効果的にもよいでしょう。

町丁目ごとにエリアを設定ができる

ポスティングは町丁も指定できるため、細かなエリア設定ができます。例えば求人チラシの場合、WEB広告を出したとしても想定外のエリアから応募が来る可能性があります。ですがポスティングですとエリアを決めて配ることにより指定エリア内から反響があるため費用対効果が上がります。



ポスティングを始める前に知っておきたい注意点をご紹介します。

天候に影響されやすい

雨の日はチラシが濡れてしまうリスクがあること、また配布員の配布効率が下がることが予想されます。そのため、雨の日が配布期間中に続く場合は配布完了予定日より遅れてしまう可能性もあります。キャンペーンやクーポンといった期限がチラシに書いてある場合はポスティング依頼業者に相談の上、配布期間を決定するのもいいでしょう。

全ての物件・ポストには投函できない

ポスティングはエリアマーケティング唯一の手法ですが全てのポストに投函ができるわけではありません。下記のような場合、投函が出来ない場合があります。

1、ポストに投函拒否の旨が掲載されている場合
2、過去にクレームが発生して投函を禁止されている物件
3、管理人が常駐している集合住宅では投函を断られることがあります
4、2世帯住居などの場合、世帯数やポスト数が必ず一致するとは限りません
5、住宅密集度の低いエリアは配布を行わない場合もあります

配布期間がエリアによってさまざま

住宅密集度の低いエリアでは配布効率が下がってしまい、配布期間が長くなる可能生があります。エリアによって配布期間が変わりますので対応配布業者に日程を確認しましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?ポスティングという販促手法には、その特徴においてメリットや注意点があります。それらを事前に知っておくことでポスティングを依頼する際に役立つことがあります。この知識を活用してポスティング業者へ見積もり依頼をしてはいかがでしょうか!!

ポスティングをお考えの方はこちらから
ポスティング.comへのお問い合わせはこちらから