ポスティングのメリット・注意点|ポスティング.com

トップバナー
トップバナー

反響ゼロから脱却するチラシデザイン

デザイン用タブレット写真
とにかくチラシを配ったら反響が出るかと思っていませんか?答えはNOです。反響が出ないチラシを10万枚配ったとしても反響はゼロです
・どのようなチラシが反響出るかわからない
・実際に反響が出るか不安
・とにかくたくさん配ったら反響が出ると思っている
初めてチラシを配られる方はこんな風に思われている方が多いかもしれません。

一方で一度チラシを配った方はこう思われているかもしれません。
・新しいお客さんを開拓しようとチラシを配ったけれど想定したほど反響がなかった
・反響がなかったからポスティングの費用が無駄になった
・多い枚数を配ったにもかかわらず反響が少なかった

反響が出なかった理由は2つです。
1、ポスティング会社がちゃんと配布をしていなかったから
2、チラシ自体に問題があるから
せっかくチラシを準備して配布したけれど反響が出なかったということを回避するためにもポスティング会社選びとチラシ作りが大切です。今回は反響の出るチラシの作り方を紹介します。

読みたくなるキャッチコピー

ポスティングの強みは郵便物の仕分けの際に一度は手に取って見てもらえることです。ですが読み手も興味がないところから始まるため一目で興味を持ってもらえるようなキャッチコピーが大切です

キャッチコピーがない場合、興味を引き出す前にチラシへの興味・関心がなくなってしまい二度と見てもらえない可能性があります。そのため一目で内容が理解できるキャッチコピーを作り、読み手の興味を引き出し最後までチラシの内容を見てもらいましょう。

見出しやキャッチコピーでしっかり訴求する

チラシは最初の一目で必要か不要かが判断されます。読み手に興味をもってもらい、必要と判断して頂くためには興味を引きだすことができる内容を書かなければなりません。そのため一目で心をつかむキャッチコピーや見出しを付けると読み手の反応がよくなります。

例えば、注意喚起や問題提起をキャッチコピーや見出しにすることによって読み手に気づきを与えます。読み手に気づきを与えて、チラシ内容に興味を持って頂くことが出来ます。

キャッチコピーを作成

一瞬で興味を惹くことが出来るキャッチコピーですが、作る際に意識していただきたい点が3つあります。例として、上記に記載したキャッチコピーを使ってポイントを紹介します。

「とにかくチラシを配ったら反響が出るかと思っていませんか?答えはNOです。反響が出ないチラシを10万枚配ったとしても反響はゼロです。」
・読み手に気づきを与える
・目を惹く数値を入れる
・その後の展開が気になる


チラシは最初の1秒で内容を見て頂けるかが左右されます。そのため一目で興味を惹き付けるキャッチコピーが理想です。上記3つのポイントを意識し一人でも多くの人に伝わるキャッチコピーを作りましょう。

チラシの表裏を活かす

チラシは片面だけでも良いですが、せっかくなら費用対効果を考えると両面使った訴求をおすすめします。片面で訴求するのに比べ、両面で訴求をすることにより反響率は上がる傾向にあります

例えば飲食店なら表面で新メニューの写真やクーポン券で興味付けして、裏面で他のメニューの紹介や店内の雰囲気が分かるような写真を使うなど、読み手に行ってみようと思わせるような流れを作ります。

他の業種でもこのような考え方はできますので、表面と裏面の戦略的な使い方を考えてみてもよいかと思います。

お客様の声を入れる

お客様の声は読み手の疑問や不安を解消してくれる効果があります。チラシの内容は全て企業視点のため、読み手が来店や購入に至る際にチラシの内容に疑問や不安が生じます。ですが実際にお店を利用しているお客様の声を入れることにより、お客様視点の感想が加わりチラシ内容への不安や疑問が払拭され商品購入の後押しになります。

クーポンや特典を付ける

クーポンや特典をつけるのは反響率を上げる非常に有効な方法です。クーポンや特典をつける際に「○○の方限定」といった限定感や特別感を組み合わせることにより反響が高めることが出来ます。

おわりに

チラシの工夫次第で、現在より各段に反響率が上がる可能性があります。現在チラシ販促をしている方やチラシ販促をしたいという方は、紹介したポイントを参考にしてチラシを作ってみてはいかがでしょうか。

ポスティング.comでは全国の優良ポスティング会社のみを掲載しております。チラシ作成でお悩みの方、反響率をどうしたら上げることができるのかなどの問題を抱えていましたら、下記リンクよりお問い合わせ下さい。お客様のニーズに沿った提案をして頂ける会社に出会えるでしょう。

ポスティングをお考えの方はこちらから
ポスティング.comへのお問い合わせはこちらから